通信制高校と名古屋のコロナ

Posted on 2020年6月11日

名古屋の通信制高校のぞき見ブログ管理人の桜井です。

東京の八王子市で通信制高校に入学したばかりの方が自殺したそうですね。

正直ショックです。

本人の気持ちは詳しくはわかりませんが、慣れない環境で困惑していのかなと想像しています。

通信制高校に入学する人は、頑張っている人が多いと思いますよ。不通科の高校に行けない人(多くは精神的な理由と思います)なので、それにも関わらず入学しようとしているので、それだけでも頑張っているのです。

ギリギリの精神状態で通信制高校に入学したのに、新型コロナウイルスの影響でさらに精神が追い込まれたのでしょうね。

コロナがにくいです。名古屋でも感染者が増えた時期がありましたが、あれなんかは、ハワイだかどこかに行った人がウイルスを持ってきて、スポーツジムで感染者を増やしたという噂を聞きました。

ウイルスに感染して亡くなる方もいますし、直接的な関係はないでしょうが、そういう軽率な行動によって、巡り巡って自殺してしまう人もいるのです。

感染防止を甘く見ている人がいると、憎しみを覚えてしまいますね。

名古屋の通信制高校でも通常のカリキュタム通りには進まないようで、みんな苦労しそうです。

でも、そういったことも含めて頑張っていかないとなと思います。今通信制高校を探している人がいたら、自殺してしまった人の命を無駄にしないように、一緒に頑張っていきたいものです。

今日は感傷的になってしまいましが、次回はまた名古屋の通信制高校について記事を書こうと思います。

第一学院高等学校 名古屋キャンパス

Posted on 2020年6月1日2020年6月1日

名古屋の通信制高校のぞき見ブログ管理人の桜井です。

猛威を振るっていた新型コロナウイルスもひとまず収束に向かっているようで少し安心していましたが、福岡では第2波が訪れているようですし、まだまだ油断は禁物ですね。

さて、久々の更新となる3回目の今日は、第一学院高等学校名古屋キャンパスを紹介します。

第一学院高等学校は、2005年4月に設立した広域の私立通信制高校になります。自分の生活スタイルや生活状況に合わせた学習スタイルを選択することができるのがこの学校の最大の特徴となっています。

自分のペースで学習ができるので、無理することなく卒業まで続けることができます。

 

1/1の教育と成長実感型教育

第一学院高等学校の学習のモットーは、「1/1の教育」と「成長実感型教育」です。

1/1の教育とは、生徒を第一に考えた教育方法のことをいい、生徒一人ひとりの思いを大事にし、プラス思考に変えていく「プラスサイクル思考」がベースとなります。

どんどん自分自身を好きになっていく「自分づくり」をしっかりサポートしてくれます。

成長実感型教育とは、小さな成長実感を自信に変えて「プラス思考」の考え方に導くことで、自分を奮起させながら力を身につけていく教育のことをいいます。

成長できていないと感じると、どうしてもプラス思考にはなりづらいですが、ほんの些細なことでも成長を実感できると、それが自信になり自分からやる気になっていきます。

そのためのサポートをしてくれる教育法が「成長実感型教育」そのものなのです。

 

学習システムとコース内容

学習システムには最新のICT教育というものを取り入れています。タブレットやパソコンを利用してライブ配信で授業を行っていくことで、どこにいても全生徒が同等レベルの教育を受けることができます。

コース内容は、標準、高大一貫、特別進学、総合、特化の中から選択するこができ、大学や専門学校への進学を目指す人から就職を希望する人まで、満足いく授業内容となっています。

 

名古屋キャンパス アクセス

JR千種駅ホームの中央階段を下りて改札をでます。右に進んだところにある1番出口から徒歩3分です。

地下鉄桜通線車道駅2番の3番出口からは徒歩4分です。